So-net無料ブログ作成
検索選択
前の6件 | -

足の裏のご飯粒 [雑感]

昔の人はうまいこと言うね。
「取らないと気持ち悪いけど、取っても食えない。」

よく「ご飯粒」ではなくて「米粒」って表現されてるけど、
「米粒」は洗えば食えるよね。


でもね。。。
取るのけっこう大変よ。マジ、かろーしするかと思ったわ。
たかがご飯粒、されどご飯粒。

多くの人に支えられて、食えないけど取りました。

「ここからがスタートだから。」
偉い先生方は声を揃えてそう仰るが。

十分走ってきたじゃない。
今日くらいはひと休みしてもいいよね。

また明日から走りますから。。。

これまで支えてくれた皆様。
ほんとにありがとうございます。

いつも厳しかった職場の上司が今まで見たことのない笑顔で「おめでとう」って。。。
マジ、泣きそうになったわ。。。


2017-03-23 gakuiki.jpg


まっ、一番支えてくれたのはまううだけどね。

・・・感謝。


nice!(6) 
共通テーマ:日記・雑感

謹賀新年2017 [雑感]


2017年賀状blog_jpg.jpg


本年もどうぞよろしくお願いします。
皆様にとっても実りある良い年でありますように。。。

昨年は春に自ら地雷を踏み、その後は体調最悪で痛みとの戦いでしたが、なんとか乗り切りました。
今年はあと1ヶ月ほど頑張れば、3月には地雷を越えた努力の結果が。。。

とりあえず、ドライブ行くぞ!



nice!(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

謹賀新年2016 [雑感]



thumb_2016年賀状_BLOG_1024.jpg



本年もどうぞよろしくお願いします。
皆様にとっても実りある年でありますように。。。



つづきは後日。。。


nice!(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ローテンション アゲイン ロンドン [英語]

暗いGW、皆さんどうお過ごしでしょうか。[たらーっ(汗)]

昨年のソウル出張から早1年。
英語など、もう見たくない聞きたくない病を患ってました。

そして、先日告げられた恐ろしい一言。

「国際学会のランチョン* での講演依頼が来たから、行って来い。」
              * ランチョン・・・昼食を伴った会

ある企業主催で、軽い昼食をとりながら、講演を聴くタイプのセッションのことで、
その企業から招待講演を依頼されました(6/30 12:00-14:00)。
去年のソウルで同じセッションを聴講しましたが・・・

DSCN7408.JPG
昨年の同じセッションでのパネルディスカッション風景(演者は韓・英・伊・豪の4人)


パネルディスカッションでの早口英語・・・

はいっ[exclamation×2] 何話してるのかさぁ〜っぱり、わかりませんでした[exclamation×2]


2002年に旅行で行ったロンドン。
プリンセス誕生で盛り上がってるロンドン。
♪楽しいロンドン愉快なロンドンロンドーンロンドン♪

再訪する気はなかったのですが、
予想外の展開での再訪。。。

さて。。。

前回よりハードル上げられて[右斜め上] さらにローテンションはつづく。。。[右斜め下]









DSCN1593.JPG
衛兵さんの行進は一糸乱れず(バッキンガム宮殿)



DSCN1697.JPG
ロンドン・アイ(観覧車)に乗ってテムズ川とビッグベンを見下ろす




DSCN1551.JPG
困ったときはこの老舗高級百貨店で買い物




やっぱ、旅行(観光)で 行くのがいいよね。。。orz




その後。。。(10月25日追記)


nice!(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

謹賀新年2015 [雑感]



2015年賀状1.jpeg


本年もよろしくお願いします。
皆様にとっても健やかな年となりますように。







2014年のダイジェストは。。。


nice!(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヘビーローテンション [英語]

お久しぶりです。

北海道にも春の日差しがやってきましたが、
気分は低空飛行です。



to Seoul.jpg



5月31日から1週間、お隣の国にお仕事で行ってきます。
ここは初めての訪問です。
千歳から直行便(大韓航空)が出てます。
3時間かからないし、時差もないし、比較的楽な海外出張です。

本来ならば、ガイドブックを見ながら、ここに行って、これ食べて、ここを観光して
。。。といったはしゃぎっぷりが予想されたところでしたが、

今回のミッションは。。。


6月4日にSeoulで英語を話す人になります。
15分間は日本語禁止です。

発表自体は自分で作った英語原稿を読めば何とかなりますが、
おそらく5分間程度、質疑応答があります。

質問が聞き取れない、あるいは聞き取れたとしても
答えが英語で出てこないなどの事態が発生した場合、
会場の人たちは私の姿を見て
「今質問した人はメドゥーサなのか」と思うかもしれません。


質疑応答5分は長い。

制限時間いっぱいまで原稿を読み続けて、質疑応答時間を極力短くする。
という作戦もあります。

自分はその日の最後の演者なので、司会進行の先生が、
「質疑応答の時間はたっぷりあるので、活発なご議論をお願いします。」
。。。って言いだしたら、とりあえずその場で気を失いましょうか。。。orz


メドゥーサこわい。。。




その後。。。(6月9日追記)


nice!(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の6件 | -